だれかとごはんをたべることは、だれかとじんせいをつくること。



もぐもぐ考える
初夏、どうも御無沙汰です」 :: 2011/06/27(Mon)


うちの網戸は締めても隙間があって、

蚊がよく入ってきていたんだけども、


網戸に貼るタイプの虫コナーズを使ったら

こうかばつぐん!!!!で

一切入ってこなくなった。


でも、なんかからだがぴりぴりかゆくなる。

コナーズの化学成分のせいかなあ…

こうかばつぐんなだけに、

からだにも良くないのかも。


やっぱり自然がいちばんなのかー







heya





1日泣いて3日笑う らしい。

近頃のあたしの特性。


3日しか持たんのかー、修行が足りぬなあ




とけいやけ


時計焼け。


夏ですなー!

いつ梅雨明けしたの?まだ?


夏至の翌日から澄み切った青空が続いております。

湿気がないから、爽やか!!


初夏の空は、なんか新芽みたいなにおい。


洗濯物がたのしくなる。


この休日は洗濯機を2日で4回まわした!


shokanosora






あし、ぱじゃま


やりたいことばっかりやってる。



そうすると、とても充実してるんだけど

目をそらしていることの存在がやけにちらついて

うっ てなる。



ちょっと自分勝手にしすぎたなあ。



くるしいことから逃げるのは、なんて簡単なんだ。



でもそれじゃ前に進めないよ!



浮輪に乗ってぷかぷか浮いたまんま、


放っておくと、戻ってこれないところまで流されちゃうぞ。







うん、そうだな。





スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
手紙を送りたいんですが、 :: 2011/06/21(Tue)

せん
しずく



もしもし、

もしもーし。



聞こえてますか?





わたしは信じていますよ。







shisei




肌荒れがひどいから、シャンプーとか変えてみました。


気分転換ってたいせつだよね。



ストレスフリーな生活なんてあり得ないから(そんなの生活っていわない)



それにどう対処していくかが問題なんだ。



避けようとするのは間違っている。 不自然だもの。



どう回避するか、 ではなく どう向き合うか。



問題と見つめあい、どんな関わり方をするのか。





shisei3




ともだちは、以前と変わりなく、優しく笑っていました。




shisei2




ぜんぶと友だちになって、手をつなぎたい!





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
kimochi :: 2011/06/18(Sat)

moi


梅雨です。

梅雨がきらいな人は多いとおもいます。

梅雨はこの時期にしかありません。

梅雨のときにしか味わえない雨の雰囲気があります。

そういうのを感じていけたらいいとおもいます。


じんせいも同じで

今しか味わえないこの感覚を

しっかりと味わいながら生きていけたら

いいとおもいます。




というMCをmojoでしました。


yuki




今しか撮れないものを撮りたいです。



撮れないわけがない。



諸行無常であります。







たいせつなひとをおもう夜が続きます。



みんな手をつないで生きましょう。



なみだは乾きます。


笑顔は褪せます。



それでも忘れたくないと願います。



風景も匂いも感情もすべて


たいせつにしましょう。




1
2



愛するひとの笑顔が絶えても



また戻ってきますように












あかん、だいすきや














おそくなったけど、おおはまくん20歳おめでとう!!!

oohama

おいしいお米たべよう。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
もぐもぐ考える
うれしいね。 :: 2011/06/14(Tue)


雨






泣くことができるのが、幸せだ。







ひかり






笑うことができるのが、幸せだ。






ちはる





うんと生きてるって、感じるじゃない。
















  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
きもちのそだてかた :: 2011/06/04(Sat)


ろっかー1





会えないからこそ、

会える環境よりも深く濃い繋がりが生まれたりするんじゃないかな



それ、「待つ」ということ。





いろんなことを思い出そうとする

声、におい、感触、




想って想って想いすぎて


あたまおかしくなっちゃったりして


何にも手つかなくなって

暴食して

にきびができて



これ、「待つ」ことができない現代人の副作用




「待つ」ことができるようになれたら。




現代人は本当に「待つ」ことに弱い。


5分まってもメールが帰ってこない、いらいら


電車に乗り損ねて10分まち、いらいら


20分もまつくらいならファーストフード行きたい、いらいら




手紙を送って返ってくるまで数日どきどきしながら、今日もまだ今日もまだとポストを覗いては溜め息をつきながら待ち続ける とか、

1時間に1本しかないバスを炎天下の中で、クーラーの効いた車内に入る瞬間に恋焦がれ、自動車の姿が現れる度に飛び上がっては肩を落としながら待つ とか、

母親が台所で晩御飯の支度をしているのを後ろから眺めながら、お腹が鳴る度に駆け寄って「まだ?」「もう少し待ちなさい」のやりとりをしながら待つ とか、


ぜんぜんなくなった。


すぐになんでも手に入る便利な時代だから。






「待つ」ことは対象への感情を増幅させる





人との繋がりや、感謝のきもち、味わうこと


忘れてるんじゃないだろうか



「待つ」こと、とは
時の流れを感じて生きること、とは
変わり往く季節を眺めること、
とは
世界を愛すること


つまりは、

生きる喜び を得ること。




ろっかー2






今のうちに、ちゃんとにきび治して、帰ってきたらにっこり「おかえり」って言えるように、支度しとかないとね。








  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0