Post image

まとまらない、まとめない

ノンシリコンのシャンプーを使っているけど、さいきん髪がキシキシしなくなって、さらさらになってきた。体質がかわってきたんかなあ。あいかわらず、にきびはなくなってくんないけどね。ほういえば、7月のはじめに花巻で高速飛行していた虫と正面衝突して目の下に怪我ができたの、そのアザがいまだにとれないんだよなあ。鏡でアザを見るたび、あれは痛かったなあと思い出すけど、きっと彼は死んだんだろうなあとおもう。もしかし...

Post image

自然はたしかに味方してくれている

まいにちがすきな人といっしょにごはんをたべるときのようなやわらかくてあたたかい日々であれば、と願いたくなるような気になることもあるでしょうけどもあのつめたくてさむい日があったから「やわらかくてあたたかい」と感じることができるんだなあと心底おもうので願うひつようはないなあと落ち着くのです。とくになにか大変なことがあったわけでもないのに、ひんやり冷えた心地がしたときいつも自然がささえてくれます。ただむ...

Post image

ありのまんまで生きる

ふしぎな日だった。ただ、まちがっていないと思った。そのままいこう、ありのままに生きよう。あかるいのも、くらいのもまあるいのも、いびつなのもわらってるのも、ないているのもぜえんぶ、ありのまんまで。まるごとたべよう。そんで、いっぱいいっぱいだきしめるんだよ。...

Post image

ぐんま・みなかみ

東日本のたびを始めて5日目。東京でおもしろい親子におせわになり、ルートもきにせず北へ向かう電車に乗って群馬県の水上というまちに迷いこみ、丸三日間すてきなお店でおせわになりました。ほんとわかんないもんだ、なにが起こるか。いまはハッピーなことしかおこっていません。でもいろんな場所のいろんな人がかかえる思いを垣間みて、かんがえることがありました。うつくしい川、おおきな湖やダム、陽気なオーストラリア人と家...

Post image

すきでたまらないので強くなりたい。

なんでみんなあんなにひこうき雲が好きなんじゃろか。ぴゅーん とまっすぐに突き進んで伸びていくあの姿に、どっか憧れとかそんなものをいだいてしまうのかな、なんておもって歩きました。大きい大きい荷物を背負ったりごろごろ引っぱったりして、肩にはあざができ、てのひらにはまめができ。そんないたみさえもなんだか誇らしげに思えてしまうじぶんに浮かれた幼さをかんじたり。でもまぁわたしは人間だし、そういう酔っぱらいに...