だれかとごはんをたべることは、だれかとじんせいをつくること。



もぐもぐ考える
元気です。 :: 2012/04/21(Sat)

hana


きがつけば、京都に来て3年がすぎていた。



大学4年生になりました。



大学生と名乗れるのも、あといちねんかん。



しかし、休学という選択肢が増えました。



悩んでいる暇はないようだ。





桜は知らぬ間に散っていました。


そうやって、見えなくなっているあいだに、去っていくひとがいるとは



だから、これからは、


ちゃあんと見つめていきます。


一瞬も見逃さぬよう、あなたの生きざまを。



だけども、見つめるという行為はとてもエネルギーを要するのです。

休むということも、疎かにしないように。



me



話をすることが苦手です。


でも、話したいこともききたいこともたくさんあります。


きもちばっかりがことばをこえてしまって、追いつかない。


でも、わたしはあなたと仲良くなりたいので、あきらめません。







スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<梅雨はあまつぶのきらきらみたいに生きる | top | 不満 腹>>


comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/02/01(Fri) 20:11:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://213tk.blog25.fc2.com/tb.php/55-c9f289cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)