oktober

(Danskでoctoberはoktoberなのです。)




ガラスのふしぎさ、おもしろさに触れる。

溶けるがらす
燃えるがらす
流れるがらす
冷えるがらす
切られるがらす。ちょっきん

べっこうあめみたい。

はさみで切られる瞬間のがらすがすきやなあ。fetishism?




どろろんでろろん。


さかな。
IMG_2665_convert_20131013155654.jpg

さかな。
IMG_2667_convert_20131013155858.jpg

さかな。
IMG_2668_convert_20131013160000.jpg

ありゃ。つれていかれてしまった。
IMG_2669_convert_20131013161146.jpg
がらすのさかな、はたしてうまくできているのでしょうか、、!



にせん度以上も熱せられたがらすが
光を放ちながらなめらかに形を変えて
するするすべりおちる。

どんどん冷えて、光がきえていく。
青みをおびたつやつやのかたまりになる。

ふしぎだあ、あぁおもしろい。









そういえば、こっちに来て1か月が経った。
森の色もだいぶ変わったなあ。

そういえば、もうすぐ23歳になる。
若いなあ23って、と思った。誰目線じゃ。

若いとかどうのこうのとかってのは歳の数だけで言うもんじゃないとおもうけど、
23歳というのは若い、となんとなく思った。

同年代のひとが”もう歳や”とか”おばちゃんやおっさんや”とか言うてるのは、あんまり好きじゃない。
そういうのは、自虐ネタとして人を笑わせたいときだけに使ってほしいと思っちゃうぜ。


あたしは、老いるのがたのしみだ(何十年後の世界はこうなってて地球は環境は社会は〜ウンタラカンタラという話は置いといて)。

どんな思考ができるようになって、どんなことが出来るようになってるんだろうなあって、すごく期待している。
厚みのある人間になりたいなあって。
30代後半の同窓会とか、とても楽しみなのだ。
みんなどんな人間になってきてんだろうって。

恐れることはたくさんあるよ、でも
あたらしい世界をみるのはいつも面白い。
こわいことも、たのしいことも全部興味深い。
どれもこれも、つながっているから不思議だ。


歳やからもうだめだ、とか
病気だからもうだめだ、とか
”だめ”って何についてだめなの。
こわいことはこわいことでいいけど、
だめって、なにが基準なの。基準て何なの。
誰が何のために決めたの。



いくつになっても、おいしいごはんがたべられる人でありたい。
あなたも、そうであってほしい。



satoko


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。