だれかとごはんをたべることは、だれかとじんせいをつくること。



もぐもぐ考える
スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
もぐもぐ考える
感覚することを思い出す作業の前のストレッチ :: 2014/10/29(Wed)

ねこ

陽のひかりはだいぶまるくなって
朝夕が冷え込むようになりました。



みちくさ音楽の会もだいぶ前のお話になった。
P9070328_convert_20141029132548.jpg
9月頭に地元徳島・かつうらの道の駅で自主企画をさせてもらったこと。
翌月の町内広報で記事にしてくれたそうだけども、京都に引っ越したので読めてない。
ちいさな子どもからおじいちゃんまで、色んなひとがみちくさしていってくれたので、
とてもよかった。一緒に楽しんでくれた仲間たち、ありがとう。
まぶしい夏休みの思い出。
みちくさ音楽の会の旗こっちへ持ってきたけん、またどこでだって出来るよ。

くり

東京で好きなひとたちと会った。
京都ボロフェスタで好きなひとたちと会った。
会って会って会いまくって、消化不良になるかと思ったら
知らないあいだにすごく体力がついてきたようで、ずっと元気だった。
ありがたい。


ボロフェスタは毎回みごとに全身ボロボロになる。
それでもやっぱり好きなのは、本気で遊べる場所だからなのかなあ。
そしてそこに尊敬できるひとがたくさんいて話し合って考え合って
一緒にひとつのものを創り出せるのがうれしいな。
もちろんそれは大変な作業で、迷惑だってトンデモないくらいかけたけど
さいごには必ず笑ってくれるでっかい器のひとたちに引っ張り上げられて
また次に行けちゃうんだろうな。

音楽はひらけている。空間を物質を精神を拡張していく。
そうそう、テレパシー。
空気と一緒にひとのこころも揺れる。

もっともっとうねりを起こしていかないとなあ、と思う。
ライブみたいなその場にエネルギーを生むひとを観ているととても奮い立たされる(し、自分の無力感に落ち込みもする)。


「いろんな才能持ってるのに、潰しちゃってる」
と言われて、なんか救われたきもちになってしまった。
がんばれば何かできるようになるかな。
誤摩化さずに生きてけるようになりたいなと思った。
ゆめをきっと実現したろうと思った。

誕生日を迎えて、この1年をなんとなく振り返って
それはもう色々なことがどどどーっと押し寄せてきた1年だったなと。
忘れられない1年だなと。
ぜったい忘れない。新しく出会った世界も失くしたものも
ぜんぶ繋げて、つくっていこうと思ったんだ。
大好きなじいちゃんに捧げたいな。


嵐が去って、一息ついて静かな秋の陽のひかり眺めながらそんなこと感じていたのでした。
肌寒くなるとほろほろ落ち葉みたいに吹かれそうになるけども、夕焼けが一段と映えて力強く感じられる
そんなきぶん。

ひさしぶりにひとりになった。








1414567131940.jpg




おいしいお豆腐たべたいな〜。

おめん
浅草で手に入れたひょっとこと。




  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
Jeg ønsker at grine med dig. :: 2014/09/03(Wed)



ことしの夏は、短かった。

雨が静かに降っています。

P1020335_convert_20140903110252.jpg

P1020384_convert_20140903112248.jpg

P1020385_convert_20140903112415.jpg

帰国して5カ月。
あれ、まだ5カ月。
時間の心感速度がはやいなあ。
今日みたいに、ぼんやり雨のにおいをかんぎょるんも久しぶりかも。

ことしも岩手へ行きました。
去年おせわになった森と風のがっこう。
そこのミミズコーチョーおんちゃんの娘さんホムサとSwedenで会って、
ことしも森風おいでよーって連絡をくれた。
Denmarkで森風のラジオを聴いていた。
もっといっぱい感じて考えていかなきゃなあと思ったんだった。
去年の森風はいっぱいいろんなことを教えてくれたから、
ひとめぐりさせて、もういちど、森風でじぶんの全身で感じて考えようと思って
ことしも行くことにしたのでした。
じいちゃんが4.1におらんようになって、いろんなものが崩れたり建てなおされたりしている中で
何週間も家を離れるのは心配だったけど
動かないと風は起こらないので、振り切った。

DSCN0921_convert_20140903153327.jpg
どんぐりとやまねこ劇を監修させていただきました。
DSCN1731_convert_20140903153350.jpg
森のにおいとティピランタン。
DSCN1883_convert_20140903153451.jpg
オレタチの秘密基地。思い出カレーは太陽の味。
DSCN2978_convert_20140903153645.jpg
いただきますのこと考えたらこうなった。

( photo by よっしー )

のびちぢみしながら可動域をひろげる筋肉みたいに
じゆうなこころをそだてる森。

こどもたちと一緒に感じて、考えて、言葉にして、伝え合っていく。
筋肉痛はしらないあいだに消えていくのでした。
痛みって、ちからに変わってくんだなあ。モリモリ。


P1020318_convert_20140903105759.jpg
とくしまへ帰ってきたら、台風11号12号は過ぎ去っていて
荒れ地と化した畑のなかで
茎の折れたひまわりが花を咲かせていた。

希望を捨ててはいけないなあ。


すきなひとと笑い合えるように、
自分が笑っていたいなあと思う。

P1020315_convert_20140903105631.jpg

にょきにょき伸びて
花が咲いたら
種が落ちて
ばらばらになって
土にかえったあと

どんな未来が


P1020319_convert_20140903110011.jpg
P1020352_convert_20140903111551.jpg

P1020344_convert_20140903110609_20140903162859848.jpg
P1020345_convert_20140903110943_20140903163136c07.jpg

P1020326_convert_20140903105514.jpg

また会おうね。次はどんな話ができるんだろう。

P1020329_convert_20140903110135.jpg

今月20か21日に京都へ引っ越して
そのまま東京へ行って
そのまま長野へ行って
京都へ戻ったら学校が始まります。
BOROFESTAもあります。


会えたら一緒においしいごはんたべよう。
たのしみ。


ひとまずこの日曜日、とくしま・かつうらの道の駅で音楽といっしょに待ってます。

P1020392_convert_20140903165022.jpg


にいさとこ

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
立ち葵が雲に届く夢 :: 2014/05/31(Sat)

IMG_6576_convert_20140608215340.jpg

報告が遅くなりましたが、わたし帰国しました。
じつは4月に帰ってきておりました。
4・5月は、実家の徳島でばたばたとした日々を過ごしておりました。
そのあいだに、水仙は咲いて落ちカラスノエンドウの実ははじけ、枇杷は赤くみのりました。
どれもこれも見落とすまいと必死だったような気がする。
それでも見落としものは、庭の中だけでもたくさん。
からだも目も、いくつもあればいいのになあと思うけれど、どうしたってひとつしかないものだから
自分のままで見られるものを見ていこうとおもいました。

IMG_6604_convert_20140608215721.jpg
梅雨入り前の、落ちた椿。
えらく懐かしい。きっとこのまんま、すーぐおばあちゃんになっちゃうなあ。
それまでに、やっておきたいことがたくさんあるから、しっかり生きなきゃね。

IMG_6824_convert_20140608220145.jpg


IMG_6823_convert_20140608220021.jpg


今後のよてい

6がつ
 cafe Polestarと畑(野菜と果樹世話と収穫と出荷と草刈り)
 帰山さんのスティールパンに参加したい
 やぽさんとそうじろうとで演奏
7がつ
 cafe Polestarと畑
 岩手もりかぜへ
8がつ
 サマースクール終わったら徳島へかえる
 畑
 BBQ & まくら投げ大会(参加者募集中!)

9がつ
 畑
 京都へ引っ越し
 オーデンセで出会ったフォトグラファーがくる

10がつ
 復学

11がつ
 たまに帰って畑

12がつ
 たまに帰って畑
 冬休み、徳島かえる

1がつ
 京都
 たまに帰って畑

2がつ
 全科目終わったら、徳島かえる引っ越し
 就農

3がつ
 大学卒業
 

年内にすること
・農園の計画立てる・・・農地の使い方、資金の調達方法、だれとなにをするか
・活動拠点の整備・・・空き家のセルフリノベ(来年に持ち越しの可能性大)、そのためのお勉強、計画、材料集め
・おムコさん探し・・・嘘


殺虫剤、除草剤を使わない。(うちはもともと化学肥料は使っていないから続けて有機を。)
つよい野菜をそだてる。種から。
それは簡単なことなんかじゃあ、ありません既に。
ほんでも出来ることをしています。

外に出るたび畑に行くたび、学ぶことだらけ。
それが楽しい。
それを人と共有できたらもっと楽しい。
もしそれを誰かと一緒に作業できたら、もっともっと楽しい。
だれかが料理をして、
だれかが食べて、
元気になって、
お日さんのように走り回って、
ひとが集まって、
季節と一緒に音楽をして、お祭りをして、喧嘩もしてそれでも災害からみんなで身をまもり、
こどもが増えて、じいばあも笑って竹馬なんか教えて、
知らないことは教わって、知ってることは教えて、合わさって新しいことが生まれて、
強くて自由なこころが増えて、
もっともっともっともっと、楽しくなっていくと思う。

自然と拡がる気がしている。
だって、好きなんやもん。

立ち葵はたぶん、とても好きなんや、高いところから景色をながめるのが。陽をたくさんあびながら空を仰ぐのが。
だから、あんなにぐんぐん伸びていくんやね。
恥ずかしいくらい自慢げに鮮やかな花びらおおっぴろげて、
気持ちいいくらい正直で真っ直ぐなのだ。
彼は夢を見たろう、雲に届く夢を。

わたしは一緒に叶えたいと思うんだよ。
あなたの夢とわたしの夢とで、新しいエネルギーが生まれるきがするからね。


種を運ぶひとになりたい。
IMG_6618_convert_20140608215909.jpg
これも梅雨入り前、ツツジ。


田植えは今年、お休みなんです。
来年はきっと元気にまた豊年海老が泳ぎカエルがたくさん鳴くでしょう。
サヨナラから始まることがあるらしいよ、だれかが歌ってたもん。


六地蔵さん、今日もありがとうさん。

しわしわいこか。


IMG_6866_convert_20140608221015.jpg


明日も、どっかにおる好きな人が笑っていますように。



にいさとこ


(いちばん上の写真は、帰国したときの太平洋に沈み滲む夕焼け。忘れられない静かな終わり)


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
もぐもぐ考える
『本当に輪になって踊るって、どういうことだろうね。』 :: 2014/05/05(Mon)


うずうずし出したのは、去年の12月。

「うーん、何かおもしろいことせなあかん!!」

デンマークのボンホルムという島の真ん中にある小さな学校フォルケホイスコーレの
ハウスナンバー2の静かな小さな部屋で、突拍子もなく生まれた企画。


「青空の下、芝生の上でみんなでごろごろしながらお話会がしたい!!!!」

「自由な空間に音楽があって、美味しいたべものがあって、考え深いトピックがあって、議論したり笑いが起こったり、誰かと誰かが知り合って繋がったり、踊ったり、、、、あれ、これ、ホイスコーレみたいだな。」


「そうだ、帰国したら、そんな留学報告会を大学でしよう!」


思いついてひとりワクワクしちゃって、すぐ大学のゼミの先生にメールした。


「先生、報告会がしたいので、手伝ってください!」


当時、滞在3カ月目ごろ。報告したいことなんて何も考えてなかったのに!



あれから4カ月、こんなことになりました。



(NaofumiTateishi氏がデザインしてくださった!謝々!)


本当は、アートクラスの先生Leneも同じ時期に日本に来るから、ゲストスピーカーとして参加してもらう予定だったのやけど
彼女の都合がだめになってしまって、みんなに会わせることができなくなってしまった。



芝生の上じゃないし、寝ころがれるかもわかんないけど、


伝えたいことを、言葉だけじゃ伝わりきらないことを、いろんな形にして、空間にして、五感を通じて伝えられたら。


「伝えたいこと」なんて、ぜえんぶ後付けじゃんって、そうなんやけど、まぁ。

お喋りしたいだけです。なんか、おもしろいことしたいだけ。

ほんで、なんかよかったねって後でおいしいごはん食べられたらいいなって。

要は、会いたいんです。



一緒につくりたいなーと、思うんです。そういう時間とか、話とか。だって楽しいんだもん。

楽しいとか嬉しいから、いろんなものが生まれる気がするよ。

だから苦しくてもいいのだ。

つくる とは、そういうことだ。

と、わたしは思います。



バレリーナYukikoが来てくれるって。みんなに会わせたい。
たのしみです。


学外からも、ぜひお越しを。
京都文教大学は、ちいさくて愉快なところです。

お待ちしております。



さとこにい


(拡散してくれたら、うれしいですます!)


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
もぐもぐ考える
雲雀がわらう :: 2014/02/25(Tue)

IMG_5506_convert_20140225063523.jpg

いっしょにしあわせをつくりたい、と思うひとと一緒に暮らせたらいいね。








今年のデンマークは、ウィンターシーズン過去最高気温TOP5入りをするほどあったかいらしい。

雪は1ヵ月ももたずに溶けてった。

2月に入るときっとまた寒くなるんだろうねとか言っていたけど
陽はのびのびと、森はにょきにょきと、花たちはちろちろと、
どんどんもくもく春のよそおいを増していく。

日本はひどい大雪だときく。
でも、ちょっとずつ春が近づいてきているよ、というやさしいメッセージにほっとした。


きらきらお日さんSolen Skinne おいしいひかりが日本にもはやく届くといいなあ。




Det er dejligt at se dig.

会って笑ってそう伝えよう。

IMG_5441_convert_20140225063959.jpg




ホイスコーレに居るのも、あと2ヶ月。
9月から始まって、いろいろあったな。
ここへ来れてほんとうに良かったとおもう。

あと2ヶ月。もっともっと鍛えなくては!
へなちょこヤロー、ゼイ肉ばっかつけてないで、筋肉をつけるのだ。

en,to,tre,NU!

こわせない壁を、ひろがる溝を
とびこえる筋肉。



いろいろ言われることは、ある。
だけどもわたしは
このホイスコーレは自分たちにとって大きな役割を果たしている場所だと、確信している。

ひとりひとりにとって意味は違えど、たしかに前進するちからに繋がっている。



笑うのにだって、筋肉はひつようなのだ。

IMG_5341_convert_20140225065817.jpg

鍛え方さえ、試行錯誤。
真面目くんも、不真面目ちゃんも、不器用さんも、恥ずかしがりっちょも、みんな試行錯誤。

答え?そんなの先生でも解らないでしょ、
自分でとびきりのを創るんだぜ。

IMG_5340_convert_20140225065432.jpg



体幹をしっかりと

あとは、しなやかに

聴こえてくる音楽と手を取り合って

感性のまま踊るだけ。




ゆきこはバレリーナ、春の花と一緒に。
IMG_5382_convert_20140225064815.jpg







生きようね。そこでまた会おう。

IMG_5508_convert_20140225063300.jpg


慧香
(台湾人のゆらゆらちゃんに、ホイシャンという名前をもらった!ので、そう読んでください。)






  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。